各記事に対するコメントは、それぞれの記事最下段のCommentから、閲覧・入力できます。
トップページへ

2008年06月20日

バトンメール

前回のアップで書いたとおり、
携帯電話のメールアドレス変更したら、
当たり前だけど迷惑メールがピタッと止まって、
メチャ気持ちいいです^^;

それから3週間ほど経った先日、
携帯にバトンメールというやつが届きました。
チェーンメールとたぶん意味は同じ。
「このメールを知り合いに転送しないさい」っていう
昔で言えば『不幸の手紙』みたいなやつです^^;
当然、知り合いから送られてきたんですけどね。
これも一種の迷惑メールの類に入るのかな?
それはともかく、その内容に失笑^^;
今は消しちゃったんで、覚えてる範囲ではたしか……

 ※このメールを次のルールに従って転送しなさい。
 @異性の知り合いに送ること
 A送り主にも返信すること
 B※マークより下(固定文)は変えないこと
 C一番最近ひとりエッチをした日はいつか伝えること
 DCの記憶が曖昧な場合は今すぐひとりエッチすること
 E送信後はこのメールを消去すること

……こんな感じの内容でした( ̄∇ ̄;)
タイトルは「Fw:Fw:Fw:Fw:Fw:Fw:Fw:Fw:Fw:Fw:……」
こんなメールを、今まで何人もちゃんと回してきたの?
haggyには当然女の子から回ってきたんですが、
ちゃんとCについての記載もありました……恥(≧∇≦)
アホくさいとは思いつつ、一応転送しましたが^^;
男ならともかく女の子はしたことない人だって
いると思うけど、そんな場合はどうすんだ?
っていうか、こんなの相手にするhaggyは……バカ?

最近、やたらと人恋しいhaggyでした。

そう言えば、自分の独りよがりな内容で、
自己満足に浸っているだけで、誰も見ないような
ホームページのことをオナニーサイトって言うらしい。
知ってった?
絶対、卑猥なサイトを想像しちゃうよね( ̄∇ ̄;)
ってことは、このブログもオナニーブログか……?

久しぶりの更新なのに、
本日、下ネタばかりでスミマセン^^;

2008年05月25日

メールアドレス変更

どこで嗅ぎつけたのか知らんが、
携帯のメールに巨乳やら熟女やら
身に覚えのないメールが来だしたのは
今からちょうど一ヶ月くらい前から。
今では、1日に10件以上も……。
もう、我慢の限界!
メアド変えました( ̄∇ ̄;)

PCのメールも今はかなり酷いもんです。
あれの原因は、ヤフオク。
IDがバレちゃいますからね。
YahooBBがプロバイダなんで、
yahooメールはメインメールなんだけどね^^;
かなり困っています。

それ以上に携帯の迷惑メールは性質が悪い。
だって、パケ代がかかるんでしょ?確か。
余計なメール貰って迷惑な上に
なんで金を払わなならんのじゃ?
っていうか、どこから漏れた?
ホント。勘弁してくれ〜(≧∇≦)ノ”

2008年03月24日

老いてゆく……

こんばんは。
最近やたらと人恋しいhaggyです。
その理由がようやくわかりました。
原因は単純、
まわりに若い人がいないから^^

今までファーストフードで働いていたので、
自分と同じ世代か、自分より若い人間と
触れ合う機会が多かったのですが、
転職後は一転、年配の人と話すことの方が
圧倒的に多い……いや、それonlyかも(-。-;
若さを吸い取られていく感じです^^;

しかし、よくよく考えてみると、haggyは
今の高校生よりもひと回り(12歳)以上も
年上なワケで、彼らからしてみれば立派な
おっさんなのかも知れません(涙)
いやだ〜!老いていくぅ〜(≧∇≦)ノ
おっさんが顔文字使うのってキモい?

でも、一般企業に勤めているサラリーマンって
基本的に学生アルバイトなんかいないわけで、
自分よりも年上の上司が常にそばにいて、
若者と絡めないのが実情なのかもね。
それで新入社員の女の子にセクハラするのね^^;
そりゃ欲求も溜まるわな( ̄∇ ̄;)

若者のいない田舎町。若者のいない職場。
haggy周辺は急速に高齢化しています(涙)

2007年03月05日

人生の使い方

気がつけば33である。
長嶋監督が江藤に譲った背番号のことではない。(古;)
haggyの年齢も、とうとう人生3度目のゾロ目突入。

今の会社に入ってから丸11年。
あっという間である。
小学1年生が大学受験生になるまでの年月と同じ。
そう思うと長い11年。
この11年で自分の何が変わっただろうか?
小学生が高校生になるまでの成長に比べると
足元にも及ばない成長度合いということだけは確かである。

もし今から、人生の軌道修正をするとしたら
33歳という年齢は、まだ間に合うゾーンなの?
一般的には転職と住宅購入は35歳までがリミットらしい。
社会人として働く期間は、ほぼ35年〜40年。
そのうちの約1/3を消化した今、この11年間で自分に
何か特別なモノが身についたという実感はない。
言い換えれば、ムダに過ごしたかもしれない11年である。
ここで軌道修正をしても、これから先の人生で
過去11年間の成果を発揮できるとは思えない。
つまり、ここからの再スタートはまさにゼロからの
スタートを意味するのである。
所帯持ちには、けっこう重い選択肢かもしれない。

な〜んてボヤいてみましたが、よくよく考えると、
この先20年以上残された社会人生活も、
たった一度、やり直しのきかない時間なんだよね。
定年を迎えたときに後悔するくらいなら、
ここは勝負に出てもイイんじゃないかな?
なんて軽いノリで決められるような問題でもないし。
このまま悩み続けて結局60歳なんてのもゴメンだし。

恐ろしく抽象的に書いてしまって、
読んでる人には何のこっちゃかワケわからんし^^;

花粉症が追い討ちをかけて、ちょっと鬱気味のhaggyでした。

2006年01月02日

明けました?

とりあえず言っておきましょうか?

あけましておめでとうございます
旧年中は大変お世話になりありがとうございました
今年もよろしくお願い申し上げます

年が変わって何が変わる?

誰かが昔決めたんでしょ?
地球が太陽の周りを一周するのを1年としましょう。って。
その区切りが来ただけですよ。
時間の流れっていうのはずっと一定で、
本来そこに区切りなんかありません。
人間以外に、こんなことで大はしゃぎする生き物っていますか?
たった今、日付が変わりましたけど、
日付が変わったと認識するのはやはり人間だけであって、
例えば海の中の魚にとっては今も、10分前の昨日も、
ただの夜であって何も変わったことなんかありません。

だからどうしたのって?
まあ、別にどうってことない話なんですけどね( ̄∇ ̄;)

ということで、年末年始なのに毎日仕事でたまった鬱憤を
くだらないボヤきで少しでも発散させようなんて
ホントにしょうもない男ですが、こんなhaggyを今後もよろしく^^;

2005年04月20日

ムダ知識

トリビアを久しぶりに見たが、
ムダ知識はもうどうでもいいよね^^;
一番ムダなのは、コレを見ていた1時間かもね。
今日は何時に風呂に入って、何時には寝ようと
思っていても、つまらない番組のせいで予定が
遅れたときなんかは、ほんとに腹が立つよ。
自分自身にね・・・( ̄∇ ̄;)
よ〜し、明日も朝早いから、今から風呂に入って
11時には寝るぞぉ〜!・・・たぶん。

2005年04月15日

ブログの氾濫

このブログはSeesaaというところの無料サービスで開設しています。
今朝サーバー増設作業が完了したようで、更新も快適なった・・・かな?

まあ、最近はどこのWebサービスでも、ブログを設置できるように
なってきたので、今じゃかなりの数のブログがWeb上には存在するはず。
そんな中でも、ホントに毎日毎日更新している人もいれば、
開設後2・3回しか更新しないまま、放置されているものもある。
まあ、たまにでも更新してるのはともかく、ホントにもう2度と
更新する気のないようなブログは、今後どうしていくのだろうか?
そんな放棄ブログも、積もればかなりの容量になるのでは?
そいつのせいで、サーバーが重いなんてことなら、ちょっと問題カモ。
産業廃棄物問題じゃないけど、やはり真面目に運用している人を
最優先に考えてあげた方がいいんじゃないかなぁ?
事前に報告がなく、6ヶ月以上更新履歴の無いブログは抹消するとか。
提供者側は、ブログ管理者のメールアドレスを把握しているんだから、
事前に警告を発信しておけばいいんじゃない?
興味本位で始めたはいいけど、アクセスが伸びないからやめた人も、
他のブログサービスに乗り換えて、以前のブログを放置してる人も、
やらないのなら、自分で消去するくらいの責任は当然でしょ?

と、ボヤいてはみたものの、このブログも更新頻度少ないよね^^;
他人のこと、言えた義理じゃないかもね( ̄∇ ̄;)
でも、ホントにたま〜にでも、更新はしていくつもりです。
そこんとこ、ヨロシク( ̄▽ ̄)V

2005年04月01日

花粉症って・・・何者?( ̄∇ ̄;)

もう、最近かなり参ってます・・・(_ _;)
花粉です。花粉!
目はかゆいわ、鼻は詰まるわ、鼻水出るわ・・・最悪ですわ( ̄∇ ̄;)
薬飲んでも、あんまり効果はナシ。
むしろ、副作用の「眠い」「喉が渇く」等だけが効いてきて、
肝心の目や鼻は変化ナシ。つまり、薬飲み損です^^;

実は、昔から鼻炎持ちでして、くしゃみ鼻水系には慣れています。
でも、今年の花粉はさすがに強烈です。
寝ている間も鼻水が出るなんて・・・こんなの初めてです(⌒_⌒;)
2月の間はそうでもなかったので「今年は大丈夫かも」なんて
思ってたら、ただ単に花粉飛散の時期が遅れてただけのことでした。
しかも、今年は例年に比べると、バカみたいに飛散量が多いみたいで・・・。
杉の木も子孫繁栄のために一生懸命なのかも知れないけど、ホントに
そんなに飛ばす必要はあるのかい?

そんなことより、なんで、杉の花粉が人間の鼻を脅かすのかが、
納得できませんな( ̄∇ ̄;)
大丈夫な人は全然へっちゃらなんでしょ?
どういうこと?鼻の粘膜が鈍感なんじゃないの?
羨ましいかぎりですわ・・・。

まあ、そんなにずっと外にいるなんてことはありませんが、
外の空気を吸うだけで有毒ガスみたいでイヤです。
杉の木も、もう十分飛ばしたんじゃない?
そろそろ、終わりにしませんか?(⌒_⌒;)

2005年03月24日

「いじめ」って…

TVで「いじめ」について討論をしてました。
「いじめる側」と「いじめられる側」どっちが悪いかとか、
ホントなんの解決にもならないような討論でした。
どっちが悪いかを決めたところで、いじめはなくならないでしょ?
「いじめ」をネタにして番組を作っている、テレビもどうなの?
そんな放送じゃなくて、もっと何か解決の糸口なるようなモノを
放送できないんでしょうか?

やられてる側は「死にたい」くらい辛いんだよ?
でもたぶん、いじめてる側は「殺したいくらい憎い」からいじめを
しているんじゃないと思います。
それが、余計に悔しいんだろうね。
まあ、僕もいじめられたことあるからね。
「死にたい」とは思わなかったけど、相手を「殺したい」とは思ったかもね。
そして、傍観者
助けてほしいとか、そういうのじゃなくて、人がいじめられてるのを見ながら
「自分じゃなくてよかった」と思って笑ってる周りの人間が憎かったですね。
まあ、今じゃ殺したいほど憎い人間なんかいないけどね。
それにしても、人の靴にカミソリ入れて、当人が履いて血を流しているのを
影で見ながらニヤニヤ笑えるというその神経が信じられないよ。
僕の感覚からしたら、精神に異常をきたしているとしか思えない。
異常者だよ。異常者!
人が苦しむのを見るのは、例えそれが自分の嫌いな人間であってもイヤですね。
ちょっと困らせてやろうと思って「ざまぁみろ」くらいならともかく、
流血したらさすがに「やりすぎたかな?」って思うのが正常な人間でしょ?
そこで笑えるって…怖いです。怖すぎです!
自分の子供も将来、そんなヤツがいるかもしれない学校に通うんだよ?
何とかしなくちゃならないのは、学校でも先生でもなく、そんな人間を育てた
親じゃないのかねぇ?
そのくせに、学校でなんかあったらすぐに学校を叩くでしょ?
別に学校側を弁護するつもりは一切ないけどね。
親がみんなしっかりしていたら、そんな親が育てた子供ばかりが集まる学校なら
問題なんか起きないでしょ?
たとえどんなに、頼りない先生でもさぁ?
産んだからには、成人するまで子供の問題は親の問題ですよ。
まあ、先生なんか最初からアテにしちゃだめってことですね。
サラリーマン感覚で「面倒なことはゴメン」主義の先生なんかいくらでもいるよ?
僕の友達も先生やってるけど、ちゃんとやってるのかなぁ?
そういう自分も、教員免許持ってるんだけどね^^;
でも自分の子供が、他人が育てた異常な子供と同じ学校に行くことは、
避けられないかもねぇ…。心配だねぇ。

後先考えずに書きたいこと書いたけど、今「死にたい」と思ってる人が、もし、
このページを見てるとしたら、お願いだから死なないでください
もっと生きたいのに死んでしまう人は世の中に星の数ほどいるんだから。
もし自殺なんかしても、あの世でそんな人たちにいじめられるよ。きっと。
10年後も20年後も自分はいじめられていると思いますか?
地獄の終わりは明日か1ヵ月後か1年後か10年後かはわからないけど、
僕だって今じゃ普通に生きていられるんだから大丈夫だよ。
そして、無責任に「いじめられる側にも問題がある」とか「いじめられてる側が
しっかりと立ち向かえばいい」とか言ってる大人もいるけど、無視して結構。
耐えることも立ち上がることもできないから、苦しんでるのにね。
人生、逃げていい場面もあるんだよ。絶えられないなら今すぐ逃げてもいい。
死ぬ覚悟があるなら、無一文で路頭に迷うのなんかたいしたことないでしょ?
案外、なんとかなるもんだよ。世の中、悪い人間ばかりじゃないしね。
そして、いつか大物になって帰ってきて、しょうもない人間を見返してやりなよ。
ちなみに、昔僕をいじめていたヤツらは、みんな今はさえない田舎者のままです。
たまに田舎に帰ったときに会うけど、今はもちろんいじめなんかないよ。
むしろ、田舎を出た僕に対して羨望の眼差しだよ。
結局奴らは、狭い世界でしか生きられない小さい人間だったってことだね。

生きていれば、いつか見返せるときが必ずきます。
だから、今だけの憎悪で人生を台無しにしないでくださいね。

2004年12月13日

ちゃんとならべよ!

先日、銀行のCDコーナーを利用したときのことです。

キャッシュディスペンサーは2台ありました。
僕が行ったときには、ちょうど2台とも使用中でしたが、
順番待ちの人はいませんでした。
で、その2台の後方でどちらかが空くのを待ってたんです。
すると・・・。
僕のあとからCDコーナーへやって来たおばちゃんがひとり。
「にいちゃん。ならんでんの?」
と、きかれたので、
「はい。」
と答えると、
「どっちにならんでんの?」
って言うんですよ。で、
「え?どっちって・・・?次に空いた方を使おうと思ってるんだけど?」
と、僕が言うと、
「ずうずうしいなぁ。どっちか決めてならびや!」
だって・・・(⌒_⌒;)

そのあと、こういうときは一列に並んで、空いた方を次の人が使う
いわゆる「フォーク並び」というものを説明したんですが、
「2台あるとこはみんな2列に並んでるよ。両方取ろうなんて卑怯やわ。」
ってまるで僕が間違ってるみたいに言われるし( ̄∇ ̄;)
結局、しょうもない言い合いで無駄な時間を浪費したくはなかったので、
それ以上は言及しませんでしたが・・・。
あ・の・ね、おばちゃん。ここで言わせてもらうよ。
それぞれに並ぶ方が、要領がすご〜く悪いんだよ。
両方取ろうとか、ずうずうしいとかじゃなくて、それが一番平等なんだよ。
明らかに僕よりも20年以上は長く生きてるはずなのに、
今までそういうことを学習しなかったの?
まったく人の話に耳を傾けようとしなかったんじゃないの?
みんながやってるからとかじゃなくて、ちゃんと自分で考えなよ。
自分のことしか考えられないから、そういう大人になっちゃったんだよ?

2列に並んで、あとから来た人がもう一つの列に並んで、
その人の方が先に終わっちゃったりなんかしたら、怒るんでしょ?どうせ。

ああ。こんな記事書いてる自分が馬鹿みたい・・・(⌒_⌒;)
不愉快になった人がいたら、ごめんなさい。

2004年10月25日

B型革命

飲み会の席で血液型の話題になりました。
序盤からすでに「B型はわがままで怠け者」みたいな
内容でバンバン盛り上がっておいてから、
「Haggyさんは何型?まさかBじゃないよね?」
って、聞くな〜っ!
えーえー。そのまさかですよ。誇り高きB型ですよ。悪かったな!

9人中、結局B型は自分ひとり。
残りはAが5人、Oが2人とABがひとりでした。
ABもかなりの言われようでしたね^^;
「ABって変人が多いよね。あ、○○さんは違うけどね^^」
って、そんなフォローしたって意味ないって^^;
結局BもABも味方がいないために、反論も及ばず・・・。
これって一種の人種差別じゃない?

日本人の血液型はA:O:B:AB=4:3:2:1というのは
有名な話です。
つまり、BやABは少数派なワケですよ。
B・AB2つ足してもAより少ないんだもんね。
2大メジャーのAとOが連立与党を組めば、もう反論の余地なし。
Aの意見が審議なしで通ってしまっているのが現状。
B・ABがどんなにあがいても「B・ABの人は変わっている」という
通説を覆すことはできないのです。
もちろん、絶対数が決まっているから政権交代も無理^^;
まぁ、いいですけどね。勝手に言ってろてのっ^^;

血液型で性格が決まるとかいった話は、あんまり信じてないよ。
B型が悪い意味で特別扱いされているのも別にいい。
前にも言ったけど「みんなと同じ」よりかは「少し変わってる」って
言われた方がましだね。(関連記事:「普通」って何?
でも、こんなこと言ってたらまた「Bの負け惜しみ」なんて
言われるんだろうなぁ・・・( ̄∇ ̄;)

2004年10月22日

乗客に日本人はいませんでした

以前、友人とテレビニュースを見ていたとき。
アメリカで飛行機が墜落したニュースで
キャスターの「ちなみに、乗客に日本人はいませんでした。」
というコメントを聞いた友人が、
「日本人がいなけりゃ、外国人は死んでもいいのかよ?!」
と、一言。

おいおい。それは違うだろ?( ̄∇ ̄;)

違うというのは、友人のこと。
「乗客に日本人はいませんでした。」というコメントの
意図を完全に誤解しています(⌒_⌒;)
例えばそのとき、家族の誰かがアメリカに旅行中だったとします。
そんなときに「アメリカで飛行機が落ちた」というニュースを
見たら、誰でも自分の家族がその飛行機に乗っていなかったのか
どうか心配でしょ?
そういう人のためのコメントなんですよ。(たぶん)
「偉大なる我が民族から犠牲者は出なかったので安心してください。」
という意味ではありません。(当たり前^^;)
そもそも、そんな危険な意味合いの発言は放送しません^^;

しかし、実際のところ、友人と同じような誤解をしている人は
けっこうたくさんいると思います。
そういう意味合いの歌も昔ありましたしねぇ。(YMのJという歌)
ひょっとしたら、ほとんどの人が誤解しているのかも…?
そう考えると、ちょっと心配です。
「日本人さえ助かればいい。」という意味に捉えてしまう人は
どこかで、そういう意識があるからなのかもしれないでしょ?
まったくそういう意識がなければ、誤解もしないはずじゃない?
でも、誤解されやすい表現であることは確かです。
ニュース番組も、もう少し表現方法を変えた方が良いのでは?

と、まあ、ちょっと気になったので記事にしてみました^^;

2004年10月14日

この世にある無意味なモノA

あんまり同じカテゴリの記事を連発したくないのですが、
まあ、気にしないでください^^;

みなさん、タバコは吸いますか?
喫煙者の方はタバコの箱の側面に次のような
記載があるのを見たことがあると思います。
「あなたの健康を損なうおそれがありますので
 吸いすぎに注意しましょう」
非喫煙者の人も機会があれば見てみてください。

で、この記載なんですが、書いてあることはもっともです。
しかし、販売元のJTにとってはこの記載にメリットはなく、
むしろ、デメリットしかなんじゃないかと思われる人が
ほとんどではないでしょうか?
こんな購買意欲を減退させるようなコメントを記載している
商品は、おそらくタバコだけだと思います。
たしかに、喫煙者は肺がんになりやすいとか、
血流が悪くなるなど医学的に見てよろしくないとことは、
みなさんご存知だと思います。
それは、喫煙者も同じことで百も承知で喫煙しているんです。
今さら、わざわざタバコの箱にまで書かれなくてもわかっています。
というより、こんなコメントをいくらい書いても喫煙者が、
タバコをやめるための動機付けにはならないと思います。
つまり、この記載自体に大きな効果はないということです。

最初に「この記載はJTにとってデメリットになるのではないか?」と
書きましたが、実はそうではないんですね。
「この記載を読んで喫煙者がタバコを減らそうなんて思うわけがない。」と
効果がないことがわかってて記載しているんだったら、すごいですよね。
タバコ販売会社だけあって、喫煙者の心理をよくわかっておられます^^

このタバコ側面の記載と同じような意味合いのものがります。
消費者金融会社の「ご利用は計画的に」のコメントがそうです。
計画的にやりくりできる人が、消費者金融にお金を借りますかね?
やはり、このコメントにもあまり意味がなく、金融会社も
「まあ、こんなこと言っても無駄だと思うけど…。」くらいの
気持ちで言ってるんじゃないでしょうか?

今回は「無意味なモノ」というより、
「無意味とわかっていながらも存在するもの」を拾ってみました^^

2004年10月12日

この世にある無意味なモノ@

今日出張で広島市内を走ってたんだけど、
そのとき、ふと思ったことがあるので書きます。
それは何かというと、交通安全標識。
標識って言うと違うのかな?あの、看板ですよ。
「しっかり締めようシートベルト」とか
「おみやげは 無事故でいいの お父さん」みたいな
いわゆる標語が書かれた看板です。よく見るでしょ?
で、何を思ったかというと、そのほとんどが
「無駄」なんじゃない?って。
それを見て、果たして悪質ドライバーが改心しますかね?
僕は無理だと思いますよ。
パトカーが見えた途端にあわててシートベルトしたり、
制限速度50kmの車道を、時速50kmちょうどで
走っている車にブーブークラクション鳴らしているような
そんな輩に「シートベルトを締めましょう」とか、
「スピード落とせ」の看板は、はっきり言って効果なしです。
標語もいまいちインパクトがないし、警察がドライバーに
「こうして欲しい」ということを、何のひねりもなしに
そのまま書いてあるだけだもんね。
「交通安全」とか「安全運転」とだけ書かれた看板なんかは、
もうホントに無駄無駄無駄無駄無駄!!
それ見て「あ、安全運転しなきゃ。」って思うかね?
あれって、警察のモノでしょ?
あれ作って設置するのにいくらかかってるの?
そのお金は、誰が払ってるの?
お願いだから、無駄なことはやめてちょうだいね。

と、まあ、Haggyの独りよがりな小言でした^^;
タイトルに「@」って付けたのは、また無意味って思えるものが
あれば書こうと思いまして…。
あ、でも、ホントはちゃんと何かの役に立ってるかも知れないよ?
あくまでも、Haggyの個人的な意見だからね^^;
Click Here! GOLD
BACK| LIST| RANDOM| NEXT
トップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。