カテゴリ
各記事に対するコメントは、それぞれの記事最下段のCommentから、閲覧・入力できます。
トップページへ

2007年06月14日

絶望に効く薬 10巻

しばらく更新をしなかった時期があったので
実は8巻と9巻の感想を掲載していません。
すみません^^;ちゃんと読んでますからね。

まあ、不平不満だらけの世の中だけど、
今の自分自身にまったく満足していないけれど、
結局は自分で選んで歩いてきた人生だもんね。
やりたいことやって飯を食ってる人が羨ましいけど、
そんな風に生きていくのなんか無理だよね。

今回は、最後まで読んでそれでも一番最初の
養老孟司さんの話が効きましたね。
世の中には誰もやりたくない仕事だってあるけど、
実際は誰かがやってくれているわけで、
そんな人のことを思いもせずに、
今の自分だけを見てただ文句ばかり言ってるコトを反省。
自分がいるおかげで誰かが喜んでくれたり
誰かが幸せになってくれるならそれでいいじゃんねぇ。

そう思うと、ホント、しょうもないイザコザが多いよね。
「あの人の○○なところが自分を不愉快にさせる」とか
「あの人のせいで自分が損をした」とか
世の中には確かに視野が狭い人が多いよね。
自分の損得だけがそんなに重要なの?
自分が得をしたら、世の中何かが変わるんでしょうかね?
少しでも世の中を動かしたいと思うのなら、
そんな小さい視野じゃ絶対ダメだと思うし、
自分の損得しか見えない人に世の中は動かせないよね。
つまり、アンタみたいなしょうもない人間が
損をしようが得をしようが関係ないんだから、
ウダウダ言わずに黙ってなさい……ってこと?

芥川龍之介の『蜘蛛の糸』で、地獄から天国につながる
一本の細い糸に囚人たちが群がって、結局重くて
糸が切れてしまうって話があるんだけど知ってますか?
ひとりひとりが順番に上れば全員が助かったろうにね。
結局「自分だけが」という考え方は、社会にとっては癌です。
ただ、そういう人を見て腹を立ててはいけません。
そこでくだらない憎悪が芽生えても、
これもまた、なんの役にもたたない感情ですからね。
そんな人たちの輪に入ってはいけません。
問題は、自分ですよ。
そう思うと、自分自身は蜘蛛の糸に群がるような
生き方だけはしてこなかったと思います。
だって、みっともないじゃん。
「われ先に」って群がる人の山って大嫌いです。
少なくともその人山の中に、尊敬できる人はいないでしょう。
自分しか見てない人に、人を救うことなんてできないしね。

自分が満足できないという理由だけで、
しょうもない人間同士でしょうもない争いが起こって、
建設的なことは一切せずに文句ばっかり言って。
そんな人間になるのだけは、ぜぇ〜ったいにイヤ!です^^;

2007年05月27日

ガングリオンU

最近、日記っぽい記事が増えてきたので
今更ながら「日記」のカテゴリを追加してしました。
まあ、読む側にとっちゃ、ど〜でもええ話ですが^^;

数日前に発覚したガングリオンですが、
どうやら知名度はかなり高いようです。
(ガングリオンについては前記事参照ね)
仕事先で話してみても、6人中4人は知ってました^^;
ガングリオンになったことがある人から、
身内にガングリ持ちがいる人など、
「ええっ!そんなにメジャーなん?」って感じで。
もっと驚く反応が見たかったのに……( ̄∇ ̄;)

病院に行ってから2日後、帰宅すると嫁が
「さっきお母さんからさっき聞いたんだけど、
 うちのお父さんも昔ガングリオンだったらしいよ。」
だってさ。
石を投げたらガングリオンに当たるな……コリャ。
その晩、用があって自分の実家に電話をしたのだが、
そのときガングリオンの話をしたら、うちの母親までが
「ああ、私も昔右手にできて……あんた覚えてない?」
って、一親等以内にガングリ発見( ̄∇ ̄;)
ヒェ〜。恐るべしガングリオン^^;

週末、予定どおり病院へ行きました。
処方された薬と湿布のおかげか、痛みはまったくナシ。
医者「痛くなくなったの?」
haggy「はい。まったく」
医者「まったく?そりゃやけに早いなぁ……。
  (右腕を触りながら)まだあるんだけどなぁ……」
haggy「ほうっておいてもいいんですか?」
医者「まあ、痛みがないなら無理して取ることもないですよ」
haggy「治ったんですかねぇ?」
医者「たぶん腫れが退いたから痛くないんでしょう。
   また痛くなったり違和感があるようなら来てください」

というわけで、まだ右手に残っているガングリオンと
今後も共生していくことになりました。
あれから2日経ちますが、またちょっと痛くなってます^^;

それとは別に2、3日前からのどが痛くて、
風邪かな?と思っていたんですが、昨日はさらに
鼻水も止まらずに、薬をやたらと飲んだせいか吐き気もあり
結局、仕事を早退してしまいました。
1日寝たら治ったんですがね^^;
でもまだ、のどは少し痛いです。

今週は健康運が最悪でしたわ( ̄∇ ̄;)
花粉の季節は終わったけど、これから低気圧とともに
恐怖の喘息がやってきそうです……。ヒェ〜。
posted by haggy at 21:27| Comment(0) | TrackBack(2) | 山田玲司さんの作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

ガングリオン

♪2日前から 右手首に〜
 2日前から 違和感があるぅ〜♪

こんばんは。haggyです。
右手首がおかしいです。
ひねると痛いです。
重いものを持つと痛いです。
手首をひねるとパキパキと音がします。
3日経っても治りません。
今日、病院に行きました。

先生「いつから痛いの?」
haggy「2・3日前からです」
先生「なにをして痛くなったの?」
haggy「わかりません。いつの間にかです」
先生「関節痛には原因があるのが普通ですよ。
   なにかきっかけがあるでしょう?」
haggy「いいえ。思い当たる節は……」
先生「どのへんが痛いの?」
haggy「このへんですかねぇ……」
先生「(手首を触りながら)ん?
   なにかありますねぇ。」
haggy「え?腕の中にですか?」
先生「おそらく、ガングリオンでしょう」
haggy「???なんですかそれ?」
先生「ガングリオンというのは……
   ガングリオンですよ!」
haggy「はぁ?まずいんですかねぇ?」
先生「そうですね。最悪の場合切開して
   切り取らないといけないですね」
haggy「!!!切るんですか?手首を?」
先生「ええ。あ、でも今日すぐにじゃないですよ」
haggy「いやいや、そういう問題じゃなくて
   手術なんかしたら仕事が……」
先生「そうですね。少しの間ですが
   右腕は使えないでしょうね」
haggy「オイオイ( ̄∇ ̄;)簡単に言うなよ……」
先生「まあ、でも、悪いモノじゃないんで、
   放っておいて無くなる人もいますし、
   注射器で中身を吸い取る方法などもありますから」
haggy「どうすればいいんですか?」
先生「しばらく様子を見ましょう。
   右手首はなるべく使わないでください」
haggy「そうは言っても、仕事上それは無理なんですが?」
先生「なるべくでいいですよ。
   炎症を抑える薬と湿布薬出しときますね。
   週末また来てください」
haggy「はい……」

というわけで、右手首にはガングリオンがあります。
こいつが手首を捻ったときに神経に当たって痛い。
そういうことらしいです。
気になったので「ガングリオン」で検索してみたら
ガングリオン体験者の話なんかがありましたが、
いつの間にか治った人から、手術しても再発の繰り返しで
長年の付き合いの人まで、ホントに千差万別です。
さてさて、haggyの場合はどうなんでしょうか?

私生活で大きな不自由はないですが、
やっぱり痛いのはイヤですし、
違和感があって気になります。
手術は避けたいですねぇ。
けっこう面倒な位置にあるみたいですし……。
仕事ができないのは、困りますよ^^;
トホホ……( ̄∇ ̄;)

2007年05月18日

他人に甘く

おひさしぶりです。haggyです。
今回はhaggyの独りよがりな話になってしまいますが、
一般的にどうなの?って話に繋がりますので、
まあ、読んでみてちょうだいな。

haggyは見た目が怖いとよく言われます。
目つきが悪いですからねぇ。
しかし性格は温厚な方・・・だと思います。
見た目とのギャップが大きいから
余計にそう感じるのかもしれません。

そんなhaggyは、他人に甘いと言われます。
人に甘いのって、悪いことですか?

一応、中間管理職なんかやっていますから、
部下には厳しくしないといけない・・・と思いますが、
不機嫌なときに不満をぶつける矛先を
部下に向ける人にはなりたくないです。
そういう上司をたくさん見てきましたから。
そして思ったんですよねぇ。
感情をむき出しにするのって、格好悪い・・・。
っていうか、腹が立つから怒るって、
まあ、当たり前かもしれませんが、
人の上に立つ人間として、そこで自己制御が
利かないのって、なんかみっともないよね。

失敗は誰にだって起こりうることですよ。
自分だって完璧な人間じゃないし、
ときにはミスすることもあります。
でも、ついつい「やってしまった」って感じの
起こった瞬間に反省と後悔のある失敗って、
怒らなくてもいいっていうか、その必要なし。
だいたい失敗したときって、謝って反省して
それくらいのことしかできないんだから、
同じことをいつまでもクドクドと怒ったって
しょうがないじゃんねぇ。
あきらかに相手が反省してる段階でも
それでも怒るのをやめない人って、
それって単なるイジメですね。

じゃあ、本当に許せないのはどんなこと?
それは「やってはいけない」ということを
自分自身も知っているのに、面倒くさいとか
自分の欲のためだけにそれをやってしまうこと。
人間としてどうなの?ってときです。
「やってはいけない」のラインは微妙ですが、
他人に迷惑をかけるかどうかの問題ですね。
誰にも迷惑がかからないなら、少々モラルに
反することでも大目に見ることはありますよ。

じゃあ、haggyもそんな人には怒るのでしょうか?
たぶん、声を荒げて怒鳴ることはないでしょうね。
起こる前に呆れるっていうか、見捨てるっていうか、
たぶん言葉少なにその人から遠ざかると思います。

なんでそんなに他人に甘いのか?
理由は簡単ですよ。
haggyは自分に甘いからです。
自分に甘いのに他人にだけ厳しくなんかできません。
そんな、みっともない生き方できませんって^^;
他人に厳しくするなら、自分にも厳しくなくちゃね。
それができないhaggyは、自分にも他人にも甘いのです。
自分に厳しいかどうかの評価は自分ではできません。
他人から見てナンボのもんです。
自分では自分に厳しいつもりになっているだけの人って
たいてい他人に厳しく、自分には実は甘かったりね。
そんなもんですよ。

あなたはどうですか?
他人に厳しくないですか?
じゃあ、自分には?
答えは周りに人に聞いてみてください。
意外な答えが返ってくるかもしれませんよ^^

2007年03月14日

花粉症が治る?

こんばんは。
花粉症のみなさん、お元気ですか?
haggyは・・・なんと絶好調です^^
1ヶ月前の今ごろは、目はかゆいわ
鼻水は止まらないわで地獄の日々でした
・・・が、ここ2週間ほど、まったく
花粉症の症状がありません(驚)!
もう、シーズンオフ?
気温が下がったから?
ひょっとしてhaggyだけ?
みなさんは、どうですか?

以前も記事に書きましたが、
今年の春は漢方薬を服用しています。
花粉症の症状が出る出ないにかかわらず
1日朝夕2回毎日欠かさず飲んでいます。
飲んでいるのは「小青竜湯」

漢方薬なので、医師の処方箋なしでも買えます。
haggyはアレルギーの専門医にかかっていて、
そこの先生に処方されたのを飲んでいます。
カネボウの粉末3.0gです。
普通の薬局に売っているやつも、名前が同じなら
成分も同じみたいなので花粉症で死にそうな人は
ぜひお試しを^^
奇跡が起きるかもしれませんよ?

楽天市場で「小青竜湯」を見てみる

2007年03月05日

人生の使い方

気がつけば33である。
長嶋監督が江藤に譲った背番号のことではない。(古;)
haggyの年齢も、とうとう人生3度目のゾロ目突入。

今の会社に入ってから丸11年。
あっという間である。
小学1年生が大学受験生になるまでの年月と同じ。
そう思うと長い11年。
この11年で自分の何が変わっただろうか?
小学生が高校生になるまでの成長に比べると
足元にも及ばない成長度合いということだけは確かである。

もし今から、人生の軌道修正をするとしたら
33歳という年齢は、まだ間に合うゾーンなの?
一般的には転職と住宅購入は35歳までがリミットらしい。
社会人として働く期間は、ほぼ35年〜40年。
そのうちの約1/3を消化した今、この11年間で自分に
何か特別なモノが身についたという実感はない。
言い換えれば、ムダに過ごしたかもしれない11年である。
ここで軌道修正をしても、これから先の人生で
過去11年間の成果を発揮できるとは思えない。
つまり、ここからの再スタートはまさにゼロからの
スタートを意味するのである。
所帯持ちには、けっこう重い選択肢かもしれない。

な〜んてボヤいてみましたが、よくよく考えると、
この先20年以上残された社会人生活も、
たった一度、やり直しのきかない時間なんだよね。
定年を迎えたときに後悔するくらいなら、
ここは勝負に出てもイイんじゃないかな?
なんて軽いノリで決められるような問題でもないし。
このまま悩み続けて結局60歳なんてのもゴメンだし。

恐ろしく抽象的に書いてしまって、
読んでる人には何のこっちゃかワケわからんし^^;

花粉症が追い討ちをかけて、ちょっと鬱気味のhaggyでした。

2007年03月02日

給食費

毎月4000円で、20日分の昼食代だと考えると
給食費は1日平均200円程度か・・・安いな^^;
実際、食ってるなら払うべきだと思います。僕は。
払いたくないなら、自分の子供に「給食は食うな」と
指示するのが筋だと思います。
でないと、食い逃げじゃんねぇ^^;
給食費にしろNHK受信料にしろ、みんなセコいよ。
払いたくないんだったら、国民保険も所得税も住民税も
み〜んな拒否すりゃいい。
払わなくても逃げられそうなものだけ払わない。
年金だってそうだよね。
あの人が払ってないから、わたしも払わない。
都合がいいね。
自分だけ…と思ってることが社会に迷惑かけてるって
気がついているんでしょうか?
そんなことは知ったこっちゃないのでしょうか?
自分だけが良ければそれでいいんでしょうか?
社会で生きていく以上は、みんな社会の一部なんです。
義務は拒否して権利だけ主張するのってカッコ悪すぎ。
金を払わないなら、公共の施設を使う権利ないよね。
明日から、国道を車で走らないでください^^;

…スミマセン。言い過ぎました?

2007年02月19日

小青竜湯

はっはっは〜半年振りの更新だぁ!
そして話題はまたしても「花粉症」^^;
去年も書いたっけ?
まあ、イヤでも毎年やってきますからね。
ヤツらは…。
あ〜!この時期だけどっか遠くの国へ移住したい…。

今年は早い時期からアレルギーの専門医にかかって
薬で何とかしようとしています。
今まで3種類の漢方薬を処方してもらったけど
一番効果があったっぽいのが「小青竜湯」。
その分野じゃ、結構有名な漢方薬みたいですね。
鼻水を押さえるというより、抗アレルギーの
効能があるので、アレルギー性鼻炎だけじゃなく
アレルギー性皮膚炎なんかにも効果的みたいです。
今飲んでる「麻黄附子細辛湯」はイマイチ^^;
「温清飲」の方がまだ良かったかな?
効果には個人差があるのでなんとも言えませんが、
次回は「小青竜湯」に戻してもらおうと思います。
味は最悪ですですがね^^;

というわけで、花粉症の皆さん、今年も頑張ろうね。
今年は飛散量が少ないとは言うけれど、
飛ぶモンが飛んでることには変わりないですからね^^;

僕も頑張ります。頑張って更新します。たぶん…。

2006年08月04日

酒とタバコやめるか死ぬか

haggyは酒飲みではありません。
この前も、冷蔵庫の奥から出てきた
賞味期限切れのビールを捨てました。
だって、誰も飲まないんだもん^^;

タバコもやめてしばらく経ちます。
もともとニコチン依存症ではなかったため、
いつでも簡単にやめられるんです。
しかし「いつでもやめられる」という考え方が、
やがて油断となって、また吸ってしまうそうです。
なるほど。意志の強さには自信が…ありません^^;
実は、禁煙は初めてではありません。
人生で4度目の挑戦です。
毎回1ヶ月くらいは簡単にクリアできます。
過去最長は4ヶ月。
タバコをやめたはずなのに、気がついたら
いつのまにか禁煙をやめています^^;

酒とタバコの共通点は3つ。

ひとつはどちらも高額課税商品であるということ。
つまり、酒飲みやヘビースモーカーの人は
一般の人よりもかなり余分に税金を支払っているということ。
まあ、自慢できることでもないですがね^^;

二つ目の共通点は、どちらもいい気持ちになれるということ。
haggyは酒を飲んでも、気持ちよくなる前に
気分が悪くなってしまうので、あまり好きじゃないですね^^;
タバコは、イライラしているときには最高の精神安定剤です。
禁煙中の今でも、たまに悪魔の囁きが聞こえます^^;

そして三つ目の共通点は、
どちらも金を払って健康を蝕んでいるということです。
肺がんは、自覚症状がないのでなかなか早期発見は難しいそうです。
しかし、早期の発見でなければ助かる可能性はかなり低いとか…。
末期がんで死を宣告されてから
「ああ、やっぱりあのときタバコをやめとけばよかった…。」
なんて後悔するくらいなら、今のうちにタバコはやめておこうね。
まあ、haggyの禁煙もいつまで続くかわかりませんが^^;

半月ほど前に、会社の健康診断を受診しました。
結果はまだ出ていません。
2年に1回くらいは心臓について指摘を受けるのですが…。
今年はどうでしょう?
とにかく、まだ死にたくはありませんね^^;

2006年07月13日

ステロイド

以前から喘息(ぜんそく)の症状はあったのですが、
それでも発作が起きるのは、せいぜい半年に1回程度でした。
それが、今年に入ってから頻繁に発症するようになってしまいました。
原因はおそらく「疲れ」と「ストレス」(医者談)。
まあ、ここ1年で8kgも体重が落ちたし、
睡眠時間もかなり減ってきたのでそれも当然?

とうとう、ステロイドを処方されました…(涙)

あと、生活習慣の見直しということで禁煙です。
喘息の要因になるものにはいろいろありまして、
・ダニやほこり等のハウスダスト
・花粉などのアレルギー症状
・タバコの煙や調理の際の煙に反応
・急な冷気や低気圧
・睡眠不足やストレス
・風邪などによる気管の炎症から
などなど、あらゆる要因が複合して発作が起こります。
ひとつひとつ潰していくしかないのです。

発作が起こると寝られません。
苦しくて、死にそうです。
この苦しみは、なった人にしかわからないだろうなぁ。

ということで、ステロイド吸入して寝ます。
Click Here! GOLD
BACK| LIST| RANDOM| NEXT
トップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。